• トップページ
  • お知らせ
  • 商工会を活用
  • 若柳金成のみどころ
  • 地場産品の紹介
  • 会員の紹介
  • お問い合わせ

ここから本文スタート


労務

労務とは

● 従業員のことで悩みがある

● 社会保険へ加入したい

 

商工会は、従業員の能力開発や賃金、退職金、社会保険、労働保険などについて知りたいときに相談にのり、適切なアドバイスをします。

明日に備えて社会保険(健康保険、厚生年金)

1. 常時5人以上の従業員を雇用している会社、工場、商店、事務所などの事業所は、法律によって、事業主や従 業員の意志に関係なく、健康保険・厚生年金に加入しなければならないことになります(強制適用事業所)。

 

2. 従業員が5人未満の事業所でも、一定の手続きをして都道府県知事の認可をうければ健康保険・厚生年金の 適用をうけることができます。

注:適用事業所に働いている人でも適用が除外される場合もありますので、詳しくは商工会までお尋ね下さい。

労働保険(労災保険、雇用保険)

労働者を1人でも使用する事業主は、業種のいかんを問わず、すべて労働保険に加入しなければなりません。

労働保険の手続がわずらわしいとか、手不足のため労働保険の事務処理に困っているとか、という事業主様はいらっしやいませんか。

このような事業主の方々には商工会内の労働保険事務組合への事務委託をおすすめします。

 

事務委託をされた事業主の利点

● 認可された事務組合が、一括して事務処理をするので貴事業主の事務処理が軽減されます。

● 事務組合に事務委託をすれば、労災保険に加入することができない事業主及び家族従事者も労災保険に加入できます。

このページのトップへ戻る